価格1.7倍でも完売!パッケージデザインを変更してオリジナルギフト商品にリメイク。食品ギフト通販で押さえておきたい6つのポイント

公開日:2021年11月4日 最終更新日:2021年11月5日

これまで右肩上がりで成長してきた通販市場。ここ数年は、スマホやSNSの普及、Youtubeなど新興メディアの利用拡大、5Gなど通信回線の高速化なども後押しし、若者を中心にネット通販のすそ野が広がっていましたが、外出自粛や巣ごもり需要など新型コロナウイルス感染症の影響がさらに市場を押し上げています。しかしながら、通販を始めれば売り上げが伸びる、という単純なものではありません。
この記事では、通販の中でも話題の食品ギフト通販について、成功するために押さえておきたい6つのポイントを、成功事例を踏まえながら紹介します。

伸び続けるギフト市場、食品ギフト通販は昨対150%成長

価格1.7倍でも完売!パッケージデザインを変更してオリジナルギフト商品にリメイク。食品ギフト通販で押さえておきたい6つのポイント

経済産業省が2021年7月に発表した「国内電子商取引市場規模」によると、物販系ECの市場規模は12兆2333億円前年比21.7%と大きく伸長しました。前年調査の同8.0%増に比べても、その伸び率の大きさは明らか。同調査では全てのカテゴリーが大幅拡大しており、改めて、新型コロナウイルス感染症を発端とする市場変化が通販を後押ししたことが伺えます。

通販の4大カテゴリーの一つである「食品」カテゴリーも21.13%と大幅に伸びました
コロナ禍おける外出自粛やおうち時間、巣ごもり需要の影響から、飲食店に行けない代わりに豪華なグルメや有名店のスイーツを取り寄せて自宅で贅沢に楽しむ傾向が顕著になりました。

また、お正月やお盆に帰省できなかったり、遠方にいる家族、親族、友人・知人に会えない人が、代わりにギフトを贈る需要も増えています。

もともとコロナ以前から、親しい人に贈る「カジュアルギフト」「パーソナルギフト」と呼ばれるジャンルは成長しており、それがコロナ禍で加速。大手ネットモール会社の調査によると、食品ギフトの伸び率は昨対150%という結果もあり、新型コロナウイルスの影響があるとは言え、活況を呈しているのが「食品ギフト通販」なのです。

価格1.7倍でも完売!パッケージデザインを変更してオリジナルギフト商品にリメイク。食品ギフト通販で押さえておきたい6つのポイント

 

パッケージを変えて「母の日」仕様に。価格1.7倍の売れ行きは?

これまで、店舗販売や卸販売を主軸に展開してきたメーカーや、通販を行ってはいるものの上手くいっていない、といった食品事業者の多くが、コロナ禍を機に通販事業への参入や見直しに着手しています。

しかし、通販は仕組みを作るだけでなく商品の見直しも必要。中身も外見も同じままの既存商品では通販市場で成功するのは難しいのが現状です。

特に食品ギフトとなると尚更、「贈りたくなる」「貰いたくなる」ような価値が必要となります。
その一つがパッケージデザイン。実際にパッケージの形状やデザインを変えたことで売り上げを大幅に拡大することができた菓子メーカーの事例を紹介します。

 

菓子メーカーA社の通販特化パッケージの事例


福岡県内に工場を構えるA社は、ホテルやカラオケ店、居酒屋向けにデザートを製造するBtoBの菓子メーカー。
コロナ禍でこうした取引先向けの出荷が激減する中、自社オリジナル商品としてネット通販を伸ばす戦略に切り替え、フロント商品として目を付けたのが、本場スペインの味や焼き方を再現した本格バスクチーズケーキでした。

母の日ギフトの限定商品として商品の中身はそのままに、パッケージデザインをおしゃれに・豪華にして手提げ袋を付け、メッセージカードを添えたギフト商品にリメイク。

通販サイトのLPでは商品の特徴を詳細に記載し魅力を発信。こうした取り組みの結果、販売価格は従来品の1.7倍と割高になったものの、予定数200個は3日で完売しました。

この結果から、ギフト商品は価格よりも見た目やコンセプトといった要素が重視されていることが分かりました。

価格1.7倍でも完売!パッケージデザインを変更してオリジナルギフト商品にリメイク。食品ギフト通販で押さえておきたい6つのポイント

パッケージデザインを変えてリメイクする際のポイントとは

商品をギフト仕様にリメイクするにあたり、当初、A社の担当者は不安や課題を感じていましたが、これを一つずつ解決していくことで、理想のギフト商品を開発することができ、結果的に大成功を収めることができました。
では実際にどのような不安や課題があったのでしょうか。その解決策もあわせて解説します。

 

課題①どのくらい売れるか予測できない

→解決策:予約注文を受けつけることで、あらかじめ数を把握する

初めての取り組みだと、実際にどの程度、売れるのか予測がつきません。そこで、資材や商品を準備する前に「予約注文」を受けることで、大まかな数量を把握できます。予約数とその後の売れ行き予測を加味して、資材発注や商品製造を行うことができるので、在庫リスクを減らすことができます。

 

課題②資材が余るかもしれない

→解決策:まずは小ロット・数量限定で販売

資材は可能な限り小ロットで作ることをおススメします。「数量限定」にして少量販売にすることで、資材在庫のリスクを最小限に抑えると同時に、テスト販売と位置付けて経験を積むことができます。

 

課題③できれば既存パッケージを活用したい

→解決策:パッケージ(箱)は作らず、シールをつけることで対応

社内事情でどうしても既存のパッケージを活用しなければならないケースも考えられます。その場合は、シールで対応しましょう。「母の日」「父の日」のシールを貼って、紙袋やメッセージカード等を添えるだけでも特別感を出すことができます。

価格1.7倍でも完売!パッケージデザインを変更してオリジナルギフト商品にリメイク。食品ギフト通販で押さえておきたい6つのポイント

 

課題④通販の梱包作業の手間を省きたい

→解決策:梱包作業が簡単な資材を選定する

新商品や梱包方法など新しい仕組みが導入されると、問題となるのが梱包作業の手間。ワンタッチタイプの紙箱や身と蓋が一体化した貼箱のように、現状の作業オペレーションを極力変更することなく簡単に組み立てられる資材がおススメです。

 

課題⑤相手に贈ってもパッケージが捨てられるのでは

→解決策:食べ終わった後も使える仕様やデザインにする

パッケージデザインや梱包を豪華にするだけでなく、贈り主自身が「これもらったら嬉しい」や「何を入れようかな」等と想起できるように、パッケージそのものに価値を見出してもらえるような工夫が大切です。

 

課題⑥単発イベント企画で終わらせたくない

→解決策:次のギフト需要に活かすためにいくつか試す

カジュアルギフトも含めるとギフトシーズンは年間にいくつもあります。1回で終わらせることなく、常に次回のギフト需要を意識して、可能な範囲で一つでも多くの施策にチャレンジをすることをおススメします。その中から、反応が良かった施策を残して次回に生かし、次回にも新たな施策を試してみましょう。

 

このように、通販には多くの課題や不安がでてきますが、それを1つ1つ解決し、中長期的な目で見ていくことで、自社通販のレベルを上げていく必要があります。

 

小ロットで食品ギフト通販を始めるおススメの貼り箱(ギフトボックス)

パッケージデザイン等の見た目や付加価値が重要となる食品ギフト通販におススメなのが貼り箱(ギフトボックス)です。一般的な化粧箱に比べると割高にはなりますが、一つ一つ丁寧に仕上げる貼り箱は重厚感があるため「高級感」「特別感」を表現することができ、比較的小ロットで作ることができるのも特徴です。

価格1.7倍でも完売!パッケージデザインを変更してオリジナルギフト商品にリメイク。食品ギフト通販で押さえておきたい6つのポイント 価格1.7倍でも完売!パッケージデザインを変更してオリジナルギフト商品にリメイク。食品ギフト通販で押さえておきたい6つのポイント

貼り箱のメリット

  • ・高級感のある仕上がり
  • ・小ロットで製造可能
  • ・発送作業時の組み立てが簡単
  • ・捨てられず二次利用されやすい

貼り箱のデメリット

  • ・一般的な化粧箱に比べると割高
  • ・輸送・保管で場所をとる
  • ・製造工程に手作業が多く納期がかかる

 

広がり続ける食品通販市場。ちょっとした工夫で自社商品を通販で“売れる”商品に。

食品ギフト通販は、アフターコロナでも収束することなく、しばらくは活況が続くと思われます。特に「誕生日」「母の日」「父の日」を中心としたカジュアルギフトは、贈り物である一方で、コミュニケーション手段としても利用される傾向にあります。贈る相手の家族構成や嗜好等によって、手頃なものから高級なものまで、価格も容量もさらにバリエーションが増えることでしょう。

前述の経産省の調査では、食品カテゴリー全体のEC化率は3.3%と他の分野比べても極めて低いことから、まだまだ伸びる余地が大きい食品ギフト通販。パッケージデザイン等をはじめ、様々な工夫次第でどの食品事業者にも好機となりそうです。

 

ショクビズを運営する株式会社丸信では、このような商品企画からの通販支援も行っております。

▼このようなお悩みを持つ食品メーカー様、是非ご相談ください。
・自社商品を通販で売り始めたいけど、どうすれば売れるのかわからない。
・いまスーパーなどをメインで売っているが、通販で売れるようにしたい。
・通販をやっているが商品があまり売れない

まずは簡単なヒアリングからお受けしております。お気軽にご相談ください♪

▼こちらの問い合わせフォームよりお申し込みください
https://shokubiz.com/contact/

 

他のおすすめ記事はこちら

デザイナーの視点!パッケージリニューアルで成功するために押さえておきたいポイント

想いをかたちに!ブランディング事例紹介 PART.1 お酒(焼酎、日本酒、蒸留酒)

スマホで非接触&簡単販促! デザインQRでコンテンツに楽しいをプラス♪