【5S情報】事務所を整理整頓するアイデア(その1)

公開日:2021年3月9日

5Sとは

5Sとは
・整理
・整頓
・清掃
・清潔
・しつけ
の頭文字のSをとったものです。

業務の作業効率をアップさせるためにも、5Sへの取り組みは重要と考えられています。

とくに工場やバックヤードなど、作業効率をアップが直接生産性アップに繋がるような現場では、毎日の5Sチェックを行い日々改善していく企業様も多いです。

 

 

事務所を整理整頓するアイディア

今回ご紹介するのは、事務所を整理整頓する5Sアイディアです。

 

①共有する物の メンテナンスをルール化

コピー容用紙など、社内全体で在庫を共有するものについては、在庫が切れる前の 補充方法をルール化しましょう。

基本的には在庫が切れる直前に使った人が、商品の発注担当者に補充依頼をします。そうすることで、補充の漏れを防ぎ、物品がなくで業務が滞ることを防ぐことができます。

 

②一目でわかるように表示

誰もが一目でわかるように 、中に入っている物の表示を付けましょう。

物品を探す手間と時間を省くことは、長期的に見ても業務の効率化アップに繋がります。いつも探している物がある方は、テープなどで品目を記載して貼り付けるなどの少しの工夫をしてみましょう。

 

③共有ファイルには、番号を付ける などデザインを工夫する

共有ファイルにファイル名を記載することは多いと思いますが、その共有ファイルを元の場所に戻す際に順番を間違い、次に使う人がファイルを探すのに苦労する・・・ということがよく発生しています。

共有ファイルは、持ち出し中や戻す位置が 一目でわかるように、背表紙のデザインを工夫することで管理の手間が省けます。

 

④コピー機の本体トレイは いつも空にしよう

コピー機の排出口・排出トレイに、印刷された紙が溜まってることがありませんか?FAXなども混ざり、自分が印刷した紙を探すのに時間を取られ、困ったことがある人も多いのではないでしょうか。

共有のコピー機の放置書類は、「放置書類置き場」を作ることで、より使いやすいスペースにすることができます。

 

過去の5S記事

ショクビズでは、過去にも5Sに関する記事を記載していますので、こちらも参考にしてみてください!

仮置きを繰り返さない、モノの置き方のポイント